中学生の部活指導で使える 簡単ストレッチ&トレ【5分でOK】No1

ストレッチ

【運動不得意】だけど運動部顧問の先生向け記事

私は中学校の部活動指導員です

この記事は、運動部の顧問の先生【特に運動が苦手だが顧問を務めている】向けに書いています。
もちろん、スポーツに取り組むお子さんの保護者にも参考になる内容です。

スポーツ経験のない先生が運動部顧問を務める現状

そもそも、スポーツ経験のない先生が運動部の顧問を務めるのは、ハードルが高いと感じます。
しかし、顧問不在では部活動が成り立たないため、未経験でも務めている先生はたくさんいるのではないでしょうか?子どものためとはいえ、本当に頭が下がります。

現在、中学校では、外部指導者や部活動指導員が配置されていると思います。
こういった取り組みが、継続的に拡充していけば先生の負担軽減につながると思います。

ストレッチ&基礎トレーニング指導スキルは使える

そうはいっても、顧問の先生が指導できることが少ないと、不安ではないですか?

そんな時にぜひ取り入れていただきたのが、ストレッチや基礎トレーニングです。
生徒にとっては、本当に大事な部分です。以下メリットをあげます。

  • 生徒のケガ予防、パフォーマンスアップにつながる。
  • 先生自身も取り組むことで健康維持につながる。
  • どの競技にも共通する内容なので、別競技の顧問になった際も使える

競技の技術指導は難しくても、ストレッチや基礎トレーニングを指導できると自信になると思います。

また、生徒のケガや伸び悩みなどは、ストレッチや基礎トレーニングで予防改善できる部分が大きいです。

別競技の顧問に変わっても、ストレッチや基礎トレーニングは共通部分が多いので、覚えておいて損はありません。

部活動指導員でもあり、体幹トレーニング指導者の私だから、お伝えできることがあると思います。

記事の後半に動画を貼付けしてますのでぜひご覧ください。

まずはココから 基本のストレッチ【動画付き】

ポイントは 臀筋群【でんきんぐん】

人体をブロック図で描いてます。
絵心無くてスミマセン。

ようするに、お尻周りの筋肉になります。
大殿筋や中殿筋や小殿筋など・・
この筋肉は、股関節の動きや安定性に関係する
大事な筋肉です。まずは、ここの柔軟性をしっかり
あげていくことが大事です。

しらたか整体_セルフコンディショニング教室 簡単ストレッチ その3 中学生向け3種【部活指導】

生徒には毎日同じことを指導してもOK

動画はいかがでしたか?
本当に基本のストレッチですが、大切な要素が詰まった内容です。

こういった体の動きを定着させるまでは、反復して指導することが大事だと思います。
毎日チェックしながら指導してみて下さいね。

また、先生自身が取り組むことも必要だと思います。
ストレッチは疲労回復につながりますし、やってみると指導のポイントがつかめると思います。

それでは、1回目の記事はこのぐらいにします。
このブログでは、基本的なストレッチと基礎トレーニングを紹介していきますので、
記事がUPされたら読んでみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました